「あるヨギの自叙伝」
2016.10.16 Sunday 19:13

今日は雨のち曇りのお天気でした。

 

さて、注文していた本「あるヨギの自叙伝」が届きましたので、読んでいます。

 

届いて、まず驚いたことは、p600ほどある分厚い本だったことです。

 

何故こんな分厚い本を買う運びになったかというと、この本が2014年に映画化されたことをYouTubeの動画を見て知って興味を引かれたからです。

 

初版本は50年以上前に出版されたそうですが、日本語版になったのは映画化された2014年だそうです。

 

このヨガナンダというヨギ(インドの聖者)は、アメリカを訪問されたことがあるとかで、アップルのスティーブ・ジョブズ氏やビートルズのジョージ・ハリスン氏など有名な方達も影響を受けたということです。

 

何でもヨギ自身が書いた本としては、当時は初めてで珍しかったそうです。

 

アメリカにヨガや瞑想を伝えた人だとか・・・色々あるみたいですが、まだ読み始めたばかりなので、これくらいしか書けません。

 

ぼちぼち読み進めたいと思います。

 

ドキュメンタリー映画「永遠のヨギー」も見たいな〜・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| shizuka | | comments(0) | - | pookmark |
8月最初の本
2016.08.01 Monday 20:08

今日も気温36度を超える猛暑でした。

 

うだるような暑さです!

 

さて、注文していた本、大和田菜穂/著 「苦しみはナチュラルじゃない」マキノ出版 が届きました。

 

ハワイで撮った写真がふんだんに使われて爽やかな印象を受ける本だなと思いました。

 

とても読みやすくノンデュアリティのこと、それを指し示す話をされています。

 

彼氏さんとの話も面白かったですね。

 

後、DVDが付いているのが良かったと思います。

 

彼女のサイレント・・・間の沈黙のエネルギーに触れることが出来るかも・・・で良かったと思います。

 

発売ギリギリまで買うつもりはなかったのですが、発売日に見たら何故かポチっと注文にクリックしてしまいました。(笑)

 

買って良かったな〜と思う本でした。

 

 

| shizuka | | comments(0) | - | pookmark |
「ましろのおと」
2016.02.25 Thursday 19:03
今日は曇りときどき晴れのお天気でした。

さて、発売日に本屋さんに注文したコミックス「ましろのおと」15巻 特装版が今日届きましたので、買ってきました。

特装版は、CD付きで吉田兄弟などの津軽三味線の曲が聞けます。

「ましろのおと」は津軽三味線を題材にした主人公たちの成長を描いたものですが、絵で音うまく表現できている感動の漫画だと思います。

お勧めの一冊ですね。

 
| shizuka | | comments(0) | - | pookmark |
寒い
2014.11.14 Friday 19:12
今日は曇りときどき晴れの寒い日になりました。

何でも12月の気温だとか・・・11月だというのに寒いはずです。

さて、最近読んだ本の話です。

「神さまとのおしゃべり」さとうみつろう著 ワニブックス

普通のサラリーマンの主人公と神様との対話方式で書かれた小説です。

引き寄せの方法や思考の変え方など、とても解りやすく書かれていると思います。

主人公と神様のやりとりが面白いので飽きずに最後まで読めました。

ちょっと、お勧めの一冊です。

秋の夜長に読まれてはいかがでしょうか?





 
| shizuka | | comments(0) | - | pookmark |
「ある瞑想家の冒険」
2014.09.28 Sunday 19:21
今日は快晴のお天気でした。

台風も過ぎ、朝晩んも涼しくなってきて、秋らしくなってきました。

この夏に体重を2kg減らすことができたので、食べ物が美味しい季節になってきたからといって、食べすぎて体重を戻さないように注意が必要です。
(健康のことを考えたら、もう少し落とさないといけません。汗)

さて、ボブ氏の本を読みました。

想像を超えた、とても波乱万丈な半生を送られているのだな〜と思いました。

ここでも、悟りの経過が綴られていて、大変参考になりました。

人は皆、無限の可能性を秘めているのだと、しみじみ思うと共に、いかに自分が限定した思い込みの世界で生きてきたか判りました。

恐怖で制限なんかしなくてもいいのですね・・・。

それにしても、やたら体が熱くなる本です。

それだけエネルギーに満ちているということでしょうか?

初めてボブ氏の本を拝読しましたが、ちょっぴりボブ氏に会ってみたくなりました。

良い本に出会えて感謝します。




 
| shizuka | | comments(0) | - | pookmark |
むむ・・・この本は!?
2014.09.26 Friday 19:21
今日は台風一過で晴れのお天気になりました。

こちらでは、稲刈りが始まりましたが、最近では稲刈り機の性能が大変よろしいようで、自動車並みの速度で稲刈りをしているのを見て衝撃を受けてしまいました。(早っ!!)


さて、ボブ・フィックス著「ある瞑想家の冒険」ナチュラルスピリット  を読んでます。

ボブ氏の半生を書いてある自叙伝です。

まだ読み始めたばかりですが、かなり自分のためになる情報が書いてあります。

更に自分が辿ってきたことの意味が判ってきました。

知らず知らずに行ってきた感情の解放や過去世のトラウマの浄化が、実は悟りへの道へ繋がっていたのです。

どんどん出てくる過去のため込んでいた感情を、終わることがあるのだろうか?と疑いたくなるほど、ことあるごとに解放してきました。

同じ出来事が起こると内観してみて解放したり、ある言葉が異様に引っかかったりして内観してみたり、マッサージや指圧で痛いところを押されて過去のことが出てきて解放したり、色々トラウマが出てくるきっかけはありましたが・・・・・・。

きりがない!かんべんしてくれ!と弱音を吐きながらも楽になりたい一心でやってきて、やってることの意味すら考える余裕もなく、また訳もわからず今まで突き進んできましたが、この本にその訳が書いてありました。

まだ、続きがあるので、これから読みたいと思いますが、これは読むべくして読む本なのだと感じています。

私には、確実に導かれていることを実感することのできる本です。

良い本と巡り合えたことに感謝します。




 
| shizuka | | comments(0) | - | pookmark |
今読んでる本
2014.08.20 Wednesday 19:04
今日は雨のち曇りのお天気でした。

ご近所の方から仔猫をもらってくれ〜と会うたびにラブコールされてます。

まだ、家の者の承諾をもらってないので、返事ができない状態です。


さて、今読んでる本は、OSHOの「TAO」4巻  最終巻です。

老子のことや悟りの段階など書かれています。

幾つか疑問に思っていたことも知ることが出来ました。

「判らなくって当然なんだ〜。なんだ、このままでいいんだ・・・」と思うことばかりでした。

不意に内側深くいざなわれることもあります。

まだ、途中なので、少しずつ読み進めていきたいと思います。



 
| shizuka | | comments(0) | - | pookmark |
本の話
2014.08.05 Tuesday 19:37
今日は雨ときどき曇りのお天気です。

台風の影響で、毎日梅雨のような蒸し暑い雨の日が続いています。


さて、読みたい本はたくさんあるのですが、最近読んだ本と今読んでる本を紹介したいと思います。

一冊目は、「神様に繋がった電話」保江邦夫/著  風雲舎

ノートルダム清心女子大学教授の保江氏の奇想天外な体験談が書かれています。


二冊目は、「『いのち』が喜ぶ生き方」矢作直樹/著  青春出版社

東京大学医学部教授の矢作氏の医療の現場から見た西洋医学や人のあり方と魂・心・肉体をほかの視点から総合的に見ることなど、これから人がどう生きるのか、どうありたいかを考えさせられる本です。

自分自身と向き合うきっかけになる本だとと思います。


最近は、深い良い話の本が増えて嬉しいですね。




 
| shizuka | | comments(0) | - | pookmark |
コミックスの話
2014.06.15 Sunday 18:57
 今日は曇りのスッキリしない日でした。

さて、今日はコミックスの話です。

紫堂恭子 『聖なる花嫁の反乱』全10巻

最近、完結したばかりのファンタジーの話ですが、スピリチュアル好きな方ならば共感できるところもあると思います。

私個人としましては、違和感なく読めて面白かったです。

なるほど・・・と楽しく読ませていただきました。

儀式の時に世界中の皆が、神の体験をする・・・まさに今自分が思っている通りの体験をダイレクトにするわけです。

そして、宗教関係なく誰しも神の一部分なのだと知ることになるのです。

ちょっと、ほんわかファンタジーなので、お勧めです。



| shizuka | | comments(0) | - | pookmark |
「TAO」を読んで・・・
2014.03.24 Monday 19:23
 今日は晴れの良いお天気でした。

ようやく日中20度近くまで気温が上がり、やっと春らしく暖かくなってきました。


さて、「TAO−永遠の大河 OSHO老子を語る1」 OSHO  スワミ・プレム・プラブッダ訳  いまここ塾出版
を読みました。

これが、なかなか読むのが進まず読み終わるのに2週間くらいかかってしまいました。

少し読んでは眠くなり、また少し読んでは眠くなりの繰り返しで、ちょっとずつしか読めませんでした。

すう〜っと深く入っていくのですが、不覚にも自我が拒絶しているようで瞬時に爆睡してしまいます。

それでも、読み進めているうちにハートの奥深くから何やら沸き起こってくるような感覚になってきました。

読んだ後の今も深いところで何がしか起こっているようで、静かに注目しています。

ところで、この本で老子について始めて知りましたが、自分的には理解しやすいといいましょうか親しみやすいといいましょうか、何やらすんなり入って来るものがありました。

自分がたくさん思い違いをしていることに気がつきました。

感謝します。

続きも楽しみにしています。

| shizuka | | comments(0) | - | pookmark |
←back 1/3 pages next→
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Amazon
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM