お狐様のこと
2014.09.06 Saturday 19:53
今日は晴れのち曇りときどき雨のお天気でした。

さて、身近なちょっとした目に見えない話をしていますが、今日は狐の話をしたいと思います。

狐と言ったら、狐憑きなどあまり良い印象をお持ちでない方もいらっしゃるかと思いますが、狐にも位があるらしく神様の眷属から神格化した神様もいるそうです。

もちろん、肉体がある動物のキツネとは違い自然霊のことが多いようです。

ところで、注文していた書籍「ひっそりとスピリチュアルしています」桜井織子/著 ハート出版  が届きましたので、読み始めています。

まだ、少ししか読んでないのですが、文章や内容以前に、この本は神様のエネルギーをビシバシ感じます。

桜井さんを御守りしてくださっている神様の神気ってやつでしょうか?

話を戻しまして、その「ひそスピ」の伏見稲荷大社のところを読んでいると、前に私のところにいた狐のことを思い出しました。

私が生まれた時から私のところにいた狐がいたのですが、それを知ったのは私がまだ低級な霊としか関われなかった頃でした。

歳月が流れ神様など護りの者が増え、眷属としての護りは必要ないと勝手に思い、特別に何かをしてもらっているわけでもなかったので、生まれたところに帰ってもらったことがあったのです。
(うまく力をコントロールできないというか、未熟で波動が低いと反対に眷属など持っていると自分のエネルギーを吸い取られてしまうので、エネルギー不足になったりしてました。)

でも、それがどこなのか知る由もありませんでした。

ところが、この本を読んでいたら、何故かその狐と繋がってしまったのです。

どうやら、その狐は伏見稲荷のお狐様だったようです。

今では白く輝き尻尾も7つあるのだと、得意げに言ってました。

元気で何よりと思いましたが、「必要な時は、いつでも呼んでもらってもかまわない。」と言ってくれました。

すっかり忘れていましたが、思わぬところで思い出し再び繋がることが出来ました。

感謝します。

ご縁とは、どこで繋がるかわからないものですね。



「ひそスピ」続きを読みたいと思います。

また、何かありましたら書きたいと思います。




 
| shizuka | スピリチュアル | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
2017.12.01 Friday 19:53
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2016/06/23 1:05 AM posted by: ここ
私も桜井詩子さんの本を読みました。伏見稲荷大社のお狐様、優しいですね。しずかさんの、ブログに惹かれてコメント残します。失礼しました。
2016/06/24 7:29 PM posted by: shizuka
ここさん、ブログを読んで下さり、またコメントまで残してくださり、どうもありがとうございました。

桜井さんの本を読んでいると神社や神様のことを知ることができて、とても参考になります。

まだ、伏見稲荷大社へ行ったことがないので、いつか行ってみたいと思っています。

name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Amazon
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM